浴室リフォーム 事例

現場の匠が全て打ち明けます!戸建て浴室リフォームの真実【保存版】

浴槽002

Zivot.life(ジボットライフ)浴室リフォームの匠、goです。

戸建て住宅にお住いの皆さんにとっては、リフォームを自由にすることが出来る!というのはすごく楽しみが広がりますよね。

なかでも浴室リフォーム

快適なバスタイムを過ごすためにこだわりの空間を演出するなんて素適じゃあありませんか!毎日のお風呂が楽しくなる浴室リフォーム、当然力が入ることでしょう。ご家族の意見も交えての家族会議、喧嘩せずに進める必要がありますね。

しかし自由にレイアウトできる反面、どこをどのように進めていけばわからない!なんて悩んでいませんか?

そもそも何をチェックすればいいのか、いくら戸建ての浴室リフォームとはいえ、やってはいけないタブーなどがあるかもしれませんよね。

結論だけ言いますと実は、戸建ての浴室リフォームはマンションの浴室リフォームよりも明確な注意点が1つだけあり、そこさえ意識すればそれほど難しくないんです!

この考え方は弊社も戸建ての浴室リフォームの際にはしっかり意識している点ですので参考になれば幸いです。そしてこの考え方を実践することで、結果としてコスト削減の考え方も身に着けることが可能なんです。その方法も記事にしていますのでご確認くださいね。

ここでは戸建ての浴室リフォームについて、匠の視点からの注意してほしい点をまとめてみました。読み終えていただければきっと、後に後悔するリスクを大幅に減らすことができますよ!

【重要】戸建て浴室リフォームの注意点

在来浴室の場合、床タイルや壁タイルのヒビ、浴槽とタイルの目地から下地である土台などに水が侵食しているケースがかなり多いです。
特に脱衣所と浴室間の間仕切り部分の土台などは腐っていることが多く、大半は入れ替えることになります。脱衣所の床がポコポコしている場合などはまず間違いないでしょう。

そして。

この腐食、一般的な量販店ではまず見分けることはできません。
解体して基礎自体が腐食しているとわかったとして、その上にある土台だけを変えたところでどうにもなりません。
基礎自体の交換に追加費用の請求が発生し、お客様にもご迷惑がかかることになります。

以前、量販店の下請けをしていた際に量販店のスタッフから、
「お客さんに追加費用は言えないので、土台だけは交換しておいてください!」
という話を振られたことがあります。

こんな事、本当にお客様のためになりますか?何かあった時の責任はだれがとるのでしょうか?

追加費用が発生してでも、処理はすべきです。しかし、このような事態をある程度事前に提示できるかできないかが、真のプロフェッショナルといえるのではないでしょうか。

現在のシステムバス(ユニットバス)は性能も良い為、水漏れの恐れはほぼありません。しかし、基礎が腐食してしまっている等の重大な症状があった場合は、浴室が納品される前に的確な処置をすることが非常に重要です。

戸建てに多い在来工法の浴室

浴室のリフォーム依頼を受ける際、確認するポイントの一つにマンションか戸建てか?を必ずお伺いしています。
マンションは管理人さんとの兼ね合いも出てくるのですが、その点戸建ての場合は近隣に影響さえ出なければ自由に浴室のリフォームができます

リフォーム前の戸建ての場合、現状がユニットバスであることはまだ少なく、タイル張りの在来浴室であることが多いです。しかし、戸建住宅の浴室は様々な形の仕上げ方法が増えてきており、最近では在来工法の特徴でもあるタイル張り仕様だからといって全てが在来工法浴室とは限りません。

目安として、2000年より前の一戸建住宅の浴室仕上げはタイル張りの在来工法が主流でしたので、参考にしてみてください。

戸建て:浴室リフォームの流れ

施工を行う流れは以下のようになる場合が多いです

1、既存浴室の解体
在来浴室お風呂を解体し、システムバスの脚を立てるための土間を打ちます。壁の一部と床を壊して設置可能な空間を確保します。

2、床面にコンクリートを打つ
新規のシステムバスを安定して設置する為に床をコンクリートで平らに均します。

3、給排水管の配管移設
既存浴室に設置してある各水道設備管を切り回し、配管をシステムバス(ユニットバス)が接続できる位置まで延ばします。

4、新規システムバス組み立て
システムバスを組み立て設置。床→壁→天井の順番で浴室を作ります。

5、完成

このような流れで浴室お風呂リフォームは行われることになりますが、戸建ての在来浴室は築年数の度合いやメンテナンスをどれだけしてきたかということにより様々な問題点が出てくる場合が多いです。

浴室リフォームの匠が教えるコスト削減方法

このように、追加費用の発生などが十分に考えられる浴室リフォーム。そうでなくとも、少しでもコストを抑えたい!と強く思うのはだれしもそうですよね。
ここでは戸建ての浴室・風呂リフォームのポイントとして3つの賢い選択方法をお教えしちゃいます!

1、メーカーのこだわりが無ければ、欲しい「機能」を伝える

2、少し前の旧型モデルメーカー在庫が手配できないかを聞く

3、断熱仕様の素材を選ぶことで、追い焚きコストなどを抑えられる

この3つのポイントは、お客様にとってもコスト削減になりますし、施工する職人にとっても有意義なご提案として協力的になってくれることが多いですよ!

まとめ

戸建ての浴室リフォームをする際に現場の匠が誤解を恐れずに伝えたい事。それは、お客様の予算と本来向き合うべき問題点とのズレが発生した際に、恐れず真摯に伝えることができるかどうか。

職人たちは皆、己の技術を信じてお客様にサービスを提示しています。その中でお客様にもご理解していただきたい部分があることが少しでも伝われば幸いです。今回のこの内容を理解しているだけで、お客様の施工後に発生するリスクは大幅に改善できます!

【関西限定】浴室リフォームに特化した専門職人
無料で紹介します


近年、様々な業種が相次いで新規参入しているリフォーム業界。現場の我々が感じるのは、価格競争を謳うところは必然的に技術力が無い事を謳っているのと同じ、という事です。

「他店よりも安くします!」は、「他店よりも技術力の無い職人を手配します!」と同等の意味ととらえます。


このような問題を解決するため、当サイトでは「優良業者だけをお客様に無料で紹介するサービス」を行っています。当サイトはお客様の声を直接聞くことを重要視。なぜなら工事会社によって得意分野が異なるため、ヒアリングをすることであなたの要望に合う浴室リフォーム業者をピンポイントで紹介できます。


さらに、話の内容から「工事の値段を安くする方法」や「質の高い工事法」の提案まで可能になります。ここまでを総合的にアドバイスすることが、当サイトの使命です。


つまり、インターネット上だけで完結せず、オーダーメイドであなたの浴室をプロデュースします。そのため、単にフォームに入力して業者を紹介する「一括見積仲介サイト」とは大きく異なります


また、当サイトは加盟企業からのコンサルティング料で運営しています。そのため、金銭的な負担なく優良業者へ工事を依頼できるという特徴があります。


浴室リフォーム一括比較サービス【Zivot.life】なら、浴室リフォームに特化した専門の職人達から現前したプランを無料で確認することができます。

メディアにも取り上げられたそのサービスを是非一度ご体験ください。


【関西限定】浴室リフォーム一括比較サービスへ

Zivot.life浴室リフォームの人気記事

コメントを残す

*