浴室リフォーム おすすめ

浴室の壁・床リフォームのポイントを、匠の視点で3つにまとめました

浴室リフォーム 事例

Zivot.life(ジボットライフ)浴室リフォームの匠、goです。

浴室リフォームにおいて、お客様からご相談される機会が多いのは浴槽だけではございません

そう、浴室の壁や床の張替え相談も非常に多くいただいております。皆様も意外と気になっているのではないでしょうか?

一日の疲れを癒そうとお風呂に入った時、ふと目を向けると壁や床の黒ずみに黄ばみ、剥がれた部分がそこかしこに…。見た目も然ることながら、衛生面も気になりますよね。更に、浴室の壁や床をリフォームするのはいいけれど、何をどう選んで気をつけたらいいのかよくわからない…なんてことも。

そんな時、ここでご紹介する3つのポイントを意識しておくだけで、いざ浴室リフォームを実行する際に迷いがなくなりますよ!

そこで今回は、浴室の壁や床をリフォームする際に意識したい3項目をご紹介いたします。これであなたも快適バスライフに一歩近づくことでしょう!

リフォームの匠視点、3つのポイント

浴室の壁・床リフォームにおいて必ず相談されるポイントはこの3つです。

1、素材

2、コスト

3、工事期間

では、それぞれご説明していきましょう。

1、素材を選ぶ

壁や床は、入浴時の視覚に大きく影響を与えます。

素材やデザインによってリフォームの幅はグッと広がりますので、ここでは主に選ばれる素材とそのメリット/デメリットをご紹介していきます。どうぞ参考にされてくださいね。

「タイルに張り替える」

タイルは浴室などに使われるポピュラーなリフォーム素材で、揃ったタイルは美しく、モザイク画のようにデザインを追求することもできます。

タイルのデメリットとしてヒヤリと冷たいという点が挙げられますが、最近では冷たさを感じにくい素材のものや様々な大きさのタイルもあるので、デザイン性を追求しつつ、機能面を向上させたリフォームを目指せます。

※注意点として、床素材にタイルを採用する際は必ず水に濡れても滑りにくい用途区分の「浴室床○と◎」のタイルを採用しましょう。安全面の考慮は浴室において重要です!

タイル素材
メリット:デザインが美しく、比較的安価
デメリット:材質によっては冬場冷たく、ヒートショックの可能性も

「木材を取り入れる」

温泉施設のように木のぬくもりを感じることができる浴室も贅沢で憧れ!という方も多いのではないでしょうか。

木材を浴室の壁や床に使用すると聞くと、一般家庭にはあまり向いていないのでは…?と戸惑ってしまいますよね。

確かに手入れや掃除の手間がかかりますし、木材を使用する分コストもかかります
しかし、最近では、ご家庭の浴室でも取り入れやすく加工された木材も出てきていますので、一昔前と比べると随分とリフォームに選びやすい素材になってきています。

手入れがかかることを念頭に置いてさえいれば、総檜風呂のような贅沢な浴室にリフォームすることも夢ではありませんよ。

木素材
メリット:木のぬくもりを感じられ、贅沢な空間に
デメリット:手入れの手間、高コスト

浴槽015

「塗装する」

あまりコストはかけたくないけれどきれいな浴室でゆっくりくつろぎたい!という方におすすめなのが、浴室の壁を塗装するリフォームです。

塗装するだけでも驚くほど様変わりしますよ!改めて防水加工を施すことにもなるので、浴室の寿命も延びます

経年劣化に伴う変色や防水力の低下は否めないので、定期的に塗装を施す必要があります。

塗装
メリット:低コスト、防水加工が可能
デメリット:塗装の手間、定期的な塗装メンテ

「シートを貼る」

手軽にリフォームを実現したい方におすすめなのが、浴室専用のシートを貼るリフォームです。

昨今のDIYブームでご自分でされる方もいますが、徹底したカビ対策を行わないとカビが繁殖してしまう原因となります。短時間で美しく、防カビ対策を考慮すると、やはり専門の業者に依頼する方が結果的にコストを抑え、きれいな浴室を手に入れる近道といえます。

シートを貼る
メリット:低コスト
デメリット:作業の手間、防カビ対策などの手入れ

「ユニットバス風のパネルを貼る」

在来浴室でもパネルを貼ることによって、お手入れのしやすいユニットバスのような壁面にリフォームすることができます。

防カビ、防水に優れているだけでなく、保温性も期待できるのでヒートショック対策にもなります。在来浴室の形状によってはユニットバスに合うように加工を施す必要も出てくるので、専門家にじっくり調査して比較することが肝心です。

パネルを貼る
メリット:手入れのしやすさ、防カビ防水などの対策
デメリット:作業の手間


このように様々な方法がありますが、やはりおすすめはタイルの張替えです。こちらの記事でも紹介していますが、タイルを壁や床に導入するのが結果として快適な浴室を作り上げる近道になるのではないでしょうか。

 

2、浴室の壁や床のリフォームにかかる費用

機能やデザイン性、土台の状態によって当然変動しますので、あくまでも目安になりますがご紹介します。

●タイルを貼る場合:15万円〜
●木材を使う場合:60万円〜
●塗装する場合:10万円〜
●シートを貼る場合:在来浴室だと20万円〜、ユニットバスだと13万円〜
●パネルを貼る場合:在来浴室だと20万円〜、ユニットバスだと15万円〜

3、浴室の壁や床のリフォームにかかる期間

季節や浴室の状況によって必要な日数は変わってきます(くわしくはこちらの記事)。どのくらい浴室が使えないのかしっかりと打ち合わせをしておきましょう。その際に近場の先頭などを調べておくことも大切です!

●タイルを貼る場合:2〜7日
●木材を使う場合:5〜10日
●塗装する場合:2〜7日
●シートを貼る場合:2〜7日
●パネルを貼る場合:2〜7日

まとめ

いかがでしたか?
ここでご紹介した3つのポイントを意識しておくだけで、いざ浴室リフォームを実行する際に迷いがなくなります!特に素材選びは途中で変更が難しいためにじっくりと選びたいですね。

しっかりと口コミや実績などから最適な業者を見つけて、安心してお風呂に入れる幸せな浴室を手に入れてください! 

【関西限定】浴室リフォームに特化した専門職人
無料で紹介します


近年、様々な業種が相次いで新規参入しているリフォーム業界。現場の我々が感じるのは、価格競争を謳うところは必然的に技術力が無い事を謳っているのと同じ、という事です。

「他店よりも安くします!」は、「他店よりも技術力の無い職人を手配します!」と同等の意味ととらえます。


このような問題を解決するため、当サイトでは「優良業者だけをお客様に無料で紹介するサービス」を行っています。当サイトはお客様の声を直接聞くことを重要視。なぜなら工事会社によって得意分野が異なるため、ヒアリングをすることであなたの要望に合う浴室リフォーム業者をピンポイントで紹介できます。


さらに、話の内容から「工事の値段を安くする方法」や「質の高い工事法」の提案まで可能になります。ここまでを総合的にアドバイスすることが、当サイトの使命です。


つまり、インターネット上だけで完結せず、オーダーメイドであなたの浴室をプロデュースします。そのため、単にフォームに入力して業者を紹介する「一括見積仲介サイト」とは大きく異なります


また、当サイトは加盟企業からのコンサルティング料で運営しています。そのため、金銭的な負担なく優良業者へ工事を依頼できるという特徴があります。


浴室リフォーム一括比較サービス【Zivot.life】なら、浴室リフォームに特化した専門の職人達から現前したプランを無料で確認することができます。

メディアにも取り上げられたそのサービスを是非一度ご体験ください。


【関西限定】浴室リフォーム一括比較サービスへ

Zivot.life浴室リフォームの人気記事

コメントを残す

*