浴室リフォーム 費用

お風呂のリフォームにローンが使える?リフォームローンのメリットや注意点を一挙大公開!賢いリフォームで理想のお風呂を手に入れましょう!

皆さんはお風呂のリフォームにおいて、ローンが使えることをご存じでしたか?

実際のところ、「住宅ローンはわかるけど、「リフォームローン」はよく分からない…」という方も少なくありません。

しかしリフォームローンを知っているのと知らないのではかなり選択肢の幅が違います。リフォームローンを有効に使えば賢くお得にリフォームできるのです!

ここからはそんなリフォームをより身近にしてくれるリフォームローンについてご紹介します。この記事を読めば、もしお金が足りないときでも安心してリフォームをする方法が理解できることでしょう。 

お風呂のリフォームについて

まずはお風呂のリフォームについて概要をご説明します。

1-1. お風呂の相場

お風呂のリフォームは浴槽を本体とし、シャワーヘッド・リモコンなどといった付属品を含める設備費用が基本になります。

そしてそれに工事費用やオプション費用を合わせたものがリフォームの総額です。

浴槽やカウンターなどといった部品は、およそ30万円~60万円程度が相場です。

中でも最も高価なのがやはり浴槽。浴槽だけでも20万円~40万円程度はかかります。

値段に幅があるのは大きさや、素材によっても金額が変わるためです。

1-2. リフォームにかかる工事費用

工事費用も、家の環境や広さ、工事内容によってまちまちです。

近年最も主流になってきているユニットバスは、工事費がおよそ20万円~30万円とされています。

そして従来のリフォーム方法として知られる「在来工法」によりリフォームの場合は職人が一から浴室を作っていくので、手間もお金もかかります。

この場合は約50万円以上かかると想定しておくと無難で、こだわりを取り入れるほど工事費は上がります。

1-3. 一括では支払えない場合も

このように、お風呂のリフォームは一度にかなりのお金がかかります。安くても総額50万円が見ておいた方が良いでしょう。

しかし50万円ないしそれ以上の金額を、一度に払えない場合もあります。

計画的にリフォームを考えていれば問題ないかもしれませんが、唐突にお風呂が壊れてリフォームを余儀なくされる場合もあります。そんな時には到底、お金の準備などしていられません。

1-4. リフォームローンの種類

リフォームローンには2種類のタイプがあります。

1つは「担保型」住宅ローンと同じように担保が必要になるローンです。

この場合、500万円~1,000万円などといった大きな金額を借入することが出来ます。さらに担保をとられる代わりに低金利で、長期スパンでの返済が可能になります。

一方、リフォームローンには「無担保型」というローンもあります。

これは名前の通り担保なしのローンで、非常に手軽に使うことができるローンのシステムです。

借入金額は比較的少なく(50万円~100万円程度)、短期間での返済に限られてしまいますが、お風呂のリフォームに適応するには丁度いいローンです。

 

リフォームローンを使うメリット

続いてリフォームローンのメリットをご紹介していきます。あまり知られていないリフォームリーンですが、実はメリットがたくさんあるんです!

2-1. 無理のない額で返済できる

リフォームローンには色々な種類があります。例えば低金利をウリにしているローンや、長期間での返済ができるローンなど。

こうしたローンを選べば、毎月の返済も無理のない額で行うことが出来ます。

ローンの一番の魅力は、一括で支払わなくていいという点。月額の支払いを大きく設定されてしまっては本末転倒です。

傾向として、担保型のリフォームローンの方が長期的な返済計画を立てられる傾向にあります。

一方、無担保型のリフォームローンにも低金利型のローンがあるので、是非ご自身に合った条件の方をお選びください。

2-2. 審査が簡単・早い

住宅ローンと比較して、リフォームローンは審査が非常に簡単だというメリットがあります。

お手軽にお金の借り入れを出来るのがリフォームローンの魅力の1つ。最短1日で審査を完了し、ローンを組める会社もあるほどです。

また、住宅ローンの場合は生命保険への加入が必須となりますが、リフォームローンでその必要はありません。

特に新たに保険に入る必要もなく、審査も楽々です。

審査を通過する割合も、リフォームローンの方が圧倒的に高いとされています。

2-3. 無担保でOK

住宅ローンを組むときには必須になる担保これは購入した土地・建物への支払いが不可能になった際、これらを売り払ったあとの金額で返済をするというものです。

一方、リフォームローンの場合はこういった担保も必要ありません。新しく建設したお風呂は、工事を終えたその日から他ならない自分のものです。

未払いになってしまった場合でも、担保として取られる心配がないのです。また、この担保がないからこそローンを組む際の審査が簡単だといえます。

2-4. 抵当権設定費用が不要

こちらもまた担保がないことによるメリットです。

担保を設定する際、同時に発生する担保権のことを「抵当権」と呼びます。リフォームローンには担保が不要なものもあるので、その場合はこの抵当権も発生しません。

ちなみに抵当権は設定する際、借入金額の0.4%の割合で支払いが発生します。100万円のリフォームだとしたら抵当権設定費用は4千円です。

ほんの少しの金額のように思えますが、担保がないことによるメリットはかなり大きいといえます。

2-5. 住宅ローンが残っていても利用可能

リフォームローンは、住宅ローンとは全くの別物です。そのため、住宅ローンが残っていたとしても借入することが出来ます。

他のローンと違って非常に手軽に借入することが出来、最短1日で審査が完了するリフォームローンは、急なリフォームにもおすすめです。

一刻も早くお風呂を直して、支払いを開始したいという場合にもリフォームローンは使いやすいローンなのです。

2-6. 手元に現金を残せる

リフォームローンは手元に現金を残せるローンです。

私たちの生活は、その時によって経済状況も変わります。

例えば急な出費が重なってしまうこともあるでしょう。お子さんの成長にかかる学費や、突然の病気や怪我などで医療費がかさむこともあります。

そんな時に、時期を選ばず使えるのがこのリフォームローンです。

リフォームローンを使えば毎月無理のない金額での返済が可能になります。家計を圧迫することなく、リフォームが出来るのです。

2-7. 浮いたお金で返済できる

リフォームローンは工事の後数か月にわたって返済をしていきます。

その際におさえておきたいのが、省エネ性能の高いお風呂にリフォームすることによって浮くお金です。

ユニットバスなどの性能は近年、高くなっており保温性も抜群です。そんなお風呂にリフォームすることで追い炊きの回数が減るほか、お風呂の暖房の使用頻度も減ります。

これにより必然的に光熱費が下がり、月々の電気代やガス代が浮くこともあります。そしてその浮いた分のお金を支払いに充てることで、よりスムーズな返済が可能です。

2-8. 好きなタイミングでリフォームできる

リフォームローンはどんなタイミングでも利用できます。そのため、一括支払いのために貯金をする必要がありません。

一括払いのみの場合は、どうしてもお金を貯める期間があるので好きな時にリフォーム、というわけにはいきません。

しかしローンを使えば好きなタイミングでリフォームできるのです。

早めにリフォームをすれば家全体の劣化が進む前に工事に着手できるので、結果的に工事費用が少なくなることもあります。

 

リフォームローンの注意点

続いてリフォームローンの注意点についてご紹介していきます。

3-1. 高金利のローンもある

リフォームローンの金利は住宅ローンに比べて比較的高い傾向にあります。

住宅ローンの平均的な金利は約0.5%。一方でリフォームローンの金利は3~4%程度が平均的とされています。また、最低でも2%程度でしょう。

もちろん、住宅ローンとお風呂のリフォームローンは金額の桁が違うので、金利が多少違うのもうなずけます。

しかし業者によってはこれよりも非常に高い金利で提示してくる場合もあるので、あまりに高い場合は断るようにしましょう。

3-2. 借りられる金額を確認

リフォームローンは住宅ローンと比較して借りられる金額が小さい傾向にあります。

そのため、借りられる上限額については事前にしっかりとチェックしておきましょう。

またリフォームにかかる費用がいくらなのか、上限額と照らし合わせることが必要です。

3-3. 返済期間は要チェック

リフォームローンを無担保型で申し込んだ場合、返済期間は5年~10年が平均的とされています。

しかし中にはこれよりももっと短い期間で提示される場合もあるようです。ローン会社によっては差があるポイントなので、よく見極めましょう。

ローンを組むことでかえって無理がある返済になってしまわないように計画するのが重要です。

 

お得にリフォームローンを利用するなら

最後に、よりお得にリフォームローンを利用するためのポイントをご紹介していきます。

4-1. 低金利で返済期間の長いものを選ぶ

まず大前提として、無理のない返済プランを立てられるローンを選びましょう。ポイントは金利と返済期間です。

リフォームの金額をカバーできる借入金額があることはもちろんのこと、返済期間があまりに短いローン会社はおすすめしません。

ちなみに金利や返済期間は会社によって異なります。数社を比較検討しながら最も自分に合ったところでローンを組むことをおすすめします。

4-2. ローン対応のリフォーム会社を選ぶ

リフォーム会社がリフォームローンに対応している場合もあります。

この場合、リフォーム会社がローン会社との間に立ってくれるので自分であれこれと手続きをしたり準備をする手間が省けます。

またプロの目線でローン会社をおすすめしてもらえるので、安心感もあるでしょう。

結果的にコスパよくリフォームローンが組めるので、自分でローンの段取りをしたことが無い方や、コストを抑えたい方にもおすすめです。

4-3. リフォーム一体型ローンを利用する

最後は住宅ローンを組むときに、「リフォーム一体型ローン」を利用するという手段です。

これはそもそも住宅ローンを決める時にこうしたプランにすることで、リフォーム代金が浮くというものです。

ゆくゆく発生する突然のリフォーム費用などを抑えたい時にはこうした住宅ローンを利用するのもアリでしょう。

 

まとめ

お風呂のリフォームローンについてご紹介しました。

お風呂のリフォームは一回の金額がかなり高額になる傾向にあります。

その分、支払いの負担も増えがちです。

しかし今回ご紹介したようなリフォームローンを活用することによって、無理なく好きなタイミングでリフォームに踏み切れるでしょう。

是非賢くお得にリフォームしてみて下さい!

Zivot.life浴室リフォームの人気記事

コメントを残す

*