浴室リフォーム 費用

お風呂のリフォームにかかる予算はどのくらい?気になる予算を工事別に徹底解剖します!

お風呂を拡張したり、おり便利にするためのリフォーム。皆さんは、お風呂のリフォームに一体どれくらいの予算が必要かご存知ですか?

実際のところ、「リフォームを考えたいけど、どのくらいの予算が必要なのかよくわからない…」という方も多くいらっしゃいます。

しかし、予算を知らずにリフォームを検討するのはかなりリスクがあります。実は、賢いリフォーム方法で予算を抑えることも可能なのです。工事ごとの予算が分かれば、どの程度事前に貯金しておけばいいのかも分かります。

ここからはお風呂のリフォームの予算をご紹介していきます。この記事を読めば、あなたの希望のリフォームにどのくらいかかるのかが理解できることでしょう。

 

お風呂のリフォームの種類

お風呂のリフォームと一言で言っても、その種類には色々なパターンがあります。まずはリフォームの種類から見ていきましょう。

1-1. お風呂を丸ごと取り換えるリフォーム

多くの方がリフォームといえば、このタイプを思い浮かべるでしょう。

既存のお風呂を取り壊し、新しいお風呂を導入。床から天井、浴槽まですべてを一新するリフォームがこのタイプです。

ちなみに今ではユニットバスへのリフォームが一般的になっています。

タイル張りの昔ながらの「在来工法」によって作られたお風呂からユニットバスへリフォームする家庭が急増。

これにより、さらに機能的で保温性も高いお風呂へと変えることが出来ます。

1-2. お風呂の一部を改修するリフォーム

必ずしもお風呂全体をリフォームしなくてはいけない訳ではありません。劣化した部分や、汚れた部分だけを改修するのもまたお風呂のリフォームパターンの1つです。

例えば床だけを張り替えるというリフォーム方法もあります。特にタイルの床の場合は目地にカビが生えやすいものです。そこで床をはがし、素材を一新することでお風呂の印象も見違えます。

これと同じように壁だけ、浴槽だけ、といった部分的なリフォームも可能なのです。

1-3. お風呂に機能を付け足すリフォーム

続いて既存のお風呂に何か追加で機能を付け足すタイプのリフォームです。

よくあるのが、手すりの設置リフォーム。お年寄りのいるご家庭によくあるリフォームです。手すりを付けることにより、転倒防止などのメリットがあります。

また、新たに浴室暖房乾燥機を付けるのもよくあるケースです。

このように元のお風呂に新たな機能を付け足すことで、最低限の工事でより快適なお風呂を実現できます。

1-4. お風呂を拡張・増築するリフォーム

最後に、お風呂の間取りを拡張、増築するリフォームです。お風呂が狭く感じている方はこのようなリフォームを行う場合があります。

このリフォームの場合、浴槽やシャワーなどといったものはリフォーム後もそのまま利用します。さらに床や天井も増築分以外は既存のものを使うことも可能。

元のお風呂の雰囲気や使い勝手はそのままに、広さを拡張することが出来ます。

これには出窓を作ったり、お風呂そのものの配置を変えるなど色々なやり方があります。

 

お風呂を丸ごと取り換えるときの予算

それでは早速お風呂の取り換えリフォームから、その予算を見ていきましょう。お風呂を丸ごと取り換えるリフォームの種類は3種類。順番にご紹介していきます。

2-1. ユニットバスからユニットバスへ

まずは新旧両方のお風呂がユニットバスの場合です。このときの予算はおよそ50~150万円が相場とされています。

ちなみに工事期間は2日~4日程度。お風呂の全体交換の中でも、最も簡単で価格的にもお得な方法といえます。

ユニットバスは比較的解体が簡単です。さらに解体後に、再び土台から作り直す必要がありません。

組み立てたユニットバスを解体し、再び新しいものを組み立てれば完成です。

ちなみに本体の価格は、お風呂のサイズ・スペックなどによって変動します。

2-2. 在来工法からユニットバスへ

続いて昔ながらの在来工法で作られたお風呂からユニットバスへリフォームする場合の予算です。

この場合はおよそ65~150万円程度の予算が必要となります。ちなみに工期は1週間程度。

在来工法のお風呂は解体に手間がかかるうえ、解体後にコンクリートで再び基礎を作る必要があります。

そのため、ユニットバス同士を交換するリフォームよりも工事費用と手間がかかるのです。

本体価格については先ほどご紹介した通り、お風呂のサイズやスペックによって違いがあります。

2-3. 在来工法から在来工法へ

最後は在来工法のお風呂から、再び在来工法のお風呂へのリフォームです。

この場合の予算は50~200万円とされています。工期は最低でも1週間で、長ければ1か月以上かかることも。

在来工法のお風呂は必ずしも予算が高いというわけではなく、オーダーメイドでこだわればこだわるほど手間も予算もかかる傾向にあります。

その反面、ユニットバスにいいサイズが無かったり、いいデザインのものが無い方にとっては自由にデザインを決めることが出来るのでおすすめの工法です。職人さんが一からお風呂を作り上げてくれます。

 

お風呂の一部を改修するときの予算

続いてお風呂の一部をリフォームする場合の予算をご紹介します。

3-1. 浴槽のみの交換

浴槽の汚れ、劣化、ひびなどがあった場合、浴槽のみ交換をするリフォームもあります。

この場合の予算は約10~60万円前後です。浴槽は使用素材、大きさ、デザインなどによって価格が変動します。

ステンレス製の浴槽は保温性も高く、価格も比較的安く収まります。

一般的なユニットバスでよく使われるのが「FRP」という素材。「FRP」は価格も標準的です。

そしてそれよりも高級なものになると、人工大理石やホーローなどが挙げられます。

3-2. 内装の交換

床や壁、天井のみをリフォームしたい場合もあるでしょう。その場合の予算は場所によって異なります。

床の交換にはおよそ4~14万円の予算がかかります。壁のみの交換には8~30万円そして天井の交換には4~7万円相当の予算がかかるとされています。

ちなみに工事の方法は多種多様。一度全ての壁や天井を解体して新しいものを付ける工法もあれば、既存の壁や天井の上からシートやパネルをかぶせて補修する方法もあります。

3-3. 給湯器の交換

給湯器が壊れてしまったときなどには、給湯器のみを交換します。この場合の予算はおよそ10~40万円程度です。

給湯器にはガス・石油・電気などといった種類があります。本体価格が最も安いのはガスや石油給湯器でしょう。

そして最も高いのは電気温水器やエコキュートと呼ばれる給湯器です。工事費用も給湯器の種類によって少々変わります。

また同じタイプの給湯器でも、商品スペックによって価格が変動します。修理で済む場合は交換しない方が安く収まる場合もあります。

3-4. ドアの交換

ドアだけを交換するリフォームはおよそ5~16万円前後とされています。

ドアの交換は、ドアが割れてしまったときやバリアフリー化を考えて行う場合が多数。

引き戸や折れ戸などといったドアのタイプによっても本体価格が異なります。さらに引き戸へのリフォームは新しく戸袋を作る必要があるため、さらに予算がふくらむ場合もあります。

ちなみに、割れたドアのパネルを補修するだけなら数千円から3万円程度でリフォームできる場合もあります。

3-5. 配管の交換

お風呂の配管は年数と共に劣化していきます。古い配管を使うことは水漏れのリスクも高くなり、危険です。そこで配管だけを交換するというリフォーム方法もあります。

この場合は10~30万円前後の予算がかかるとされています。

ちなみにこの予算は給水から排水、追い炊きまですべての配管を一新した場合のものです。

 

お風呂に付け足すリフォームの予算

続いて、新たに機能を付け足すタイプのリフォーム予算についてです。

4-1. 手すりの設置

より安全なお風呂にするため、手すりを追加で設置することも出来ます。この場合の予算はおよそ3~5万円です。

手すりのタイプや、本数によっても予算が変動します。

4-2. 浴室暖房乾燥機の設置

浴室暖房乾燥機を新たに取り付ける場合、その予算は10~20万円とされています。

2~4万円は工事費で、本体価格は8万円前後のものから10万円以上するものまで様々です。

ちなみに浴室暖房乾燥機には電気式とガス式の2種類がありますが、電気式の方が本体価格は安い傾向にあります。

4-3. 追い炊き機能の追加

お風呂の追い炊き機能を追加したい場合のリフォーム。これには3種類の方法があります。

1つは給湯器のみ交換して追い炊き機能を付ける方法。これは20~40万円の予算が必要です。

しかしお風呂に追い炊き用配管などが備わっていないと、追い炊きは出来ません。そこで配管から新しくし、お風呂に追い炊き用の穴をあけるのが2つめの方法。これは30~60万円の予算が必要になります。

そして最後はユニットバスを丸ごと交換してもらう方法です。

この方法に関しては最初にご紹介した2章「お風呂を丸ごと取り換えるときの予算」の項をご覧ください。

 

お風呂の拡張や増築リフォームの予算

最後にお風呂そのものを広くするリフォームの予算についてです。

5-1. お風呂の拡張

お風呂を広くするにはそれなりの予算が必要です。お風呂の拡張にかかる予算は、およそ75~250万円とされています。

お風呂を拡張するには脱衣所との壁を抜いて、お風呂を広げるなどといった工事が必要です。

また配管を組みなおして無駄なスペースを省き、お風呂の間取りを広くすることも出来ます。

いずれにしても大規模な工事が必要となるので、予算もはずむ傾向にあります。

5-2. お風呂の移動・増築

お風呂そのものを移動したり、増築したりするリフォームもあります。この場合もまた75~250万円程度の予算が必要です。

というのも、お風呂を増築するには外側の壁を壊して家自体を広げたりする工事が発生するからです。

工事自体が大規模で手数も多く、当然それだけ予算も高くなります。

 

まとめ

お風呂のリフォームにかかる予算についてご紹介しました。

ケース別で予算を見ていくと、自分の家のリフォームにかかる予算の計算もしやすいかと思います。

予算を抑えたい場合は最低限の工事で済ませ、グレードや素材にこだわらないのがポイントです。

複数の業者にあたって、見積もりを比較検討するのもおすすめですよ。

 

浴室リフォームスペシャリスト
無料で紹介します


近年、様々な業種が相次いで新規参入しているリフォーム業界。現場の我々が感じるのは、価格競争を謳うところは必然的に技術力が無い事を謳っているのと同じ、という事です。

「他店よりも安くします!」は、「他店よりも技術力の無い職人を手配します!」と同等の意味ととらえます。


このような問題を解決するため、当サイトでは「かんでんeショップ認定会社」による「浴室リフォームスペシャリストをお客様に無料で紹介するサービス」を行っています。当サイトはお客様の声を直接聞くことを重要視。なぜなら工事会社によって得意分野が異なるため、ヒアリングをすることであなたの要望に合う浴室リフォーム業者をピンポイントで紹介できます。


さらに、話の内容から「工事の値段を安くする方法」や「質の高い工事法」の提案まで可能になります。ここまでを総合的にアドバイスすることが、当サイトの使命です。


つまり、インターネット上だけで完結せず、オーダーメイドであなたの浴室をプロデュースします。そのため、単にフォームに入力して業者を紹介する「一括見積仲介サイト」とは大きく異なります


浴室リフォーム無料問い合わせサービスで、浴室リフォームに特化した専門の職人達から厳選したプランを無料で確認することができます。

メディアにも取り上げられたそのサービスを是非一度ご体験ください。


浴室リフォーム無料問い合わせサービスへ

Zivot.life浴室リフォームの人気記事

コメントを残す

*