オプション

お風呂のリフォームはリクシルがいい?リクシルのお風呂の特徴や、実際の事例と口コミをご紹介します!

お風呂をせっかくリフォームするなら、自分の理想を兼ね備えたお風呂にしたいですよね。みなさんは自分の好みにあったメーカーがどこか、ご存知でしょうか。

実際のところ、「カタログには色々書いてあるけど、実際のところどうなんだろう…」と思う方も少なくないでしょう。

しかし、実態を知らずにメーカーの検討をしてしまうのはあまり得策ではありません。失敗しないお風呂のリフォームのためには、メーカー選びが非常に重要なのです。そんな中、近年圧倒的な人気を誇っているのがリクシル。リクシルのお風呂は多機能なうえ、デザイン性も高いと評判です。

ここからは、リクシルのお風呂に搭載された便利機能をご紹介していきます!さらに、実際にリクシルのお風呂へリフォームした事例や、使った人の口コミなどもご紹介。この記事を読めば、リクシルがご自身のリフォームに適しているかどうかが理解できることでしょう。

 

リクシルのお風呂の特徴

まずはリクシルのお風呂の特徴について見ていきましょう。リクシルのお風呂には実用的な機能がたくさん搭載されています!

1-1. 掃除を楽にする機能が充実

1-1-1. 「くるりんぽい排水口」

リクシルのお風呂で人気の機能が「くるりんぽい排水口」です。

毛がつまったり、水垢が付きやすい排水口。しかしリクシルの排水口なら、残り湯の水圧を利用して髪の毛をまとめてくれるのです。排水口に毛がからまることもなく、片手で簡単に髪の毛を捨てられます

さらにつまることがないので、水垢も付きにくいという一石二鳥の機能です。

1-1-2. 「キレイサーモフロア

「キレイサーモフロア」水はけがよく、汚れもつきにくい床です。

目地が深くないのでサッとふき取ることができ、特に皮脂汚れが落としやすいという特徴があります。

さらに断熱構造にもこだわっており、足の裏に感じるひんやり感が少ないのも魅力。

足の裏から逃げる熱を従来品よりも25%抑えることに成功しています。

1-1-3. 「キレイ鏡」

リクシルの鏡は、特殊なコーティングがされている「キレイ鏡」というものです。

くもりにくく水垢汚れもつきにくいのが特徴。もし汚れてしまっても、からぶきでサッとふき取ることができます。

1-1-4. 「キレイドア」

お風呂のドアにたまったホコリが気になったことはありませんか?

「キレイドア」はホコリがたまりがちな換気口をドアのサイドに配置。この設計によりホコリがたまりにくく、お手入れが楽になります。

1-2. デザイン性が高い

1-2-1. デザインのバリエーション

リクシルのお風呂はデザイン性が高いことでも人気です。

床や壁、お風呂の形状にいたるまで数多くのバリエーションがあります。そしてそれを自分の好きなようにカスタムできます。

壁の材質やカラー、さらに浴槽のスタイルを選ぶことで自分の好みのお風呂を実現できるのです。

ユニットバスは既存のデザインを選択するのが通常のスタイルですが、自身で細かい部分までカスタムできるというのはリクシルならではのメリットです。

1-2-2. 「プッシュ水栓」

リクシル独自の機能として、「プッシュ水栓」というものがあります。

これはワンタッチでシャワーや水道を使うことができる水栓です。ひねったり、力を入れることなく誰でも使いやすいのが特徴。

デザイン性も高いので、スタイリッシュなお風呂場を演出できます。

1-2-3. シャワーデザイン

シャワーデザインを選ぶことも出来ます。

例えばリクシルのアライズという商品を購入した場合、選べるシャワーヘッドは5種類です。

リクシルで人気のシャワーヘッドはメタル調でブラックのデザイン。その他にもシルバーのデザインのものがあり、スイッチ一つでお湯を出したりすることも出来ます。

1-3. 保温性の高い浴槽

リクシルのお風呂は保温性が高いことでも人気です。

これはリクシル独自の「サーモバス」という浴槽で、4時間経ってもお湯の温度が2.5度しか下がらないという圧倒的な保温効果を誇ります。

保温効果が高いことで何度も追い炊きをする必要が無くなり、節約効果も期待できます。

1-4. お風呂全体が温かい

リクシルのお風呂は密閉性が高くお風呂全体の保温性が高いのが特徴です。

これは「天井・壁・床まるごと保温」というもので、全ての部位に独自の断熱材を使用しています。

これにより極力暖房をつけずに済み、節約に貢献してくれる機能の1つです。

1-5. 節水を実現できる機能

1-5-1. 「エコフルシャワー」

リクシルのシャワーは節水効果にも貢献します。「エコフルシャワー」最大48%の節水を実現。

それでいながら、水量の体感は通常のものとほとんど変わりません。水を大粒にすることで、たくさんの水を浴びている実感が得られます。

1-5-2. 「エコベンチ浴槽」

リクシルのお風呂で選べる浴槽の1つがこの「エコベンチ浴槽」

浴槽内に段差がついているので浅い部分にお子さんを座らせることが出来ます。親子で入浴する方に人気の浴槽です。

また浅い部分があることで約35ℓの節水効果もあります。

1-6. どのお風呂でもユニバーサルデザインを選べる

リクシルのユニットバスは、どの商品を選択してもユニバーサルデザインにすることが出来ます。

介護や障害のある方がいるご家庭や、より安全性を高めたいご家庭にとって、こうした選択肢は非常に良心的です。

 

リクシルの売れ筋ユニットバス

それではリクシルの人気ユニットバスを一部ご紹介していきます。

2-1. アライズ

戸建ての家におすすめのお風呂がこちら。アライズは浴槽が1200サイズでも大人が非常にゆったりと入れるのが特徴です。

浴槽内にアームレストが付いているのでよりリラックスできます。

また浴室タイプは6種類から選ぶことが出来ます。明るく清潔感のある雰囲気のものから、シックで大人なデザインのものまでその種類は様々です。

壁と床のバリエーションも豊富で、ユニットバスでありながらオリジナリティのあるお風呂にリフォームすることが出来ます。

浴室サイズは1216・1318・1616・1618・1620・1624の6種類展開。

メーカー小売り価格は59~145万円で、サイズやオプションにより価格が異なります。

お掃除楽々機能も標準装備でついているので、メンテナンスも簡単です。

2-2. リノビオV

こちらはマンション用の人気ユニットバス。なめらかな手触りの人造大理石浴槽が標準装備されており、高級感のあるお風呂です。

浴槽は7タイプから選ぶことが出来、どれも掃除がしやすくリラックス効果の高い構造になっています。

さらにマッサージシャワーやミストシャワーといった多機能シャワーをオプションで付けることも出来ます。

サイズ展開は1116・1216・1218・1316・1317・1416・1418・1620の8種類です。

メーカー小売り価格は42~169万円で、サイズやオプションにより価格が異なります。

2-3. スパージュ

スパージュは戸建てでもマンションでも導入できる、ハイグレードなお風呂です。

お風呂をワンランク上の贅沢空間にしたいという方におすすめです。

様々なリクシルの便利機能が標準装備されているのはもちろん、アクアフィールと呼ばれる肩湯まで付いています。

さらに打たせ湯やオーバーヘッドシャワーも搭載。まるでスパや旅館のようなお風呂空間を楽しめます。

また高画質で大きな浴室テレビをつけることも可能。「アクアシアター」と呼ばれるこの機能は、お風呂をまるで映画館のように使うことが出来る機能です。

サイズ展開は1216・1616・1618・1620・1624の5種類。

メーカー小売り価格は88~247万円で、サイズやオプションにより価格が異なります。贅沢なお風呂空間を演出したい方に人気です。

 

実際にリクシルのお風呂へリフォームした人の口コミ

3-1. 良い口コミ

“「カタログでは汚れない、お手入れ簡単といった記述がたくさん書いてあるけど、実際どんなものなんだ」と思っていましたが、カタログの通りキレイドアはホコリがたまりやすいドア下の溝が小さくなってお掃除がしやすいし、キレイサーモフロアはいつもツヤツヤピカピカの足ざわりの良い状態を長い間キープできるなど、使い心地はとても良いです。”(40代/女性)

アライズのヘアキャッチャーは、入浴後に取り出すことでカンタンに掃除ができるのがいいですね。浴槽からの排水がヘアキャッチャーでぐるぐる渦を巻いてゴミがきれいにまとまるため、排水口のべたべたぬるぬるも通常の浴槽より付きにくく、こちらもお掃除ラクチン。”(30代/女性)

“『LIXILのアライズ』は、ハウスメーカーの標準です。シンプルで使いやすくて気に入っています☆お掃除もしやすいです!!特に床!キレイサーモフロア翌朝には乾いていますしほんとに冷たくない!!”(40代/女性)

“スパージュの「リクライニング浴槽」。カタログの説明通り、入浴中はまるで浮遊しているかのような感覚で、ふんわりした心地よさが味わえます。私は小柄なほうなのですが、スパージュはベンチを使って背丈にあわせられるので、安心です。ふち周りの黒も、ゴシック調の締まったデザインで気に入っています。”(60代/男性)

3-2. 悪い口コミ

“浴槽は左右非対称の形状なのですが、これ隅っこを削って左右対称にすればもっと広くできたのでは…?というのと、テレビの値段が高すぎるということ。防水加工とかで通常のもテレビより製造コストがかかるのはわかるけど、7型の大きさで15万は…。他はおおむね満足しているだけに、この二点だけが残念です。”(40代/男性)

壁の色のバリエーションがもっとあると良かったなと思います。色の数自体は結構あるのですが、黒系、茶系といった地味な色が多いのが気になりました。水色とか、明るい色があればいいのになと思いました。”(60代/女性)

シャワーが真上から降り注ぐようバーが若干、前にせり出すような構造になっています。今まで、少し前から顔面に向かって噴射されるシャワーに使い慣れているのでこの、真上から降り注ぐってのは使い心地、使い勝手的にどうなのだろう…”(40代/女性)

 

まとめ

リクシルのお風呂についてご紹介しました。

リクシルのお風呂は非常に機能性が高く、実際に使っている方の満足度も高いことが分かりました。

メーカーシェアも高いので、安心のお風呂といえるでしょう。

是非リフォームする際には、検討の視野に入れてみてはいかがでしょうか。

お風呂を実際に体験してみたい方は、リクシルのショールームへ行ってみることをおっすめします。

是非納得のいくリフォームをしてくださいね!

 

Zivot.life浴室リフォームの人気記事

コメントを残す

*